Meursault-Blagny PREMIER CRU [1996] Louis Latour

b0260378_1433472.jpg

国産ワインが二本続きましたが、今回は再び“ブルゴーニュの白ワイン”を紹介します。

フランス各地域の白ワインをメインに紹介していきたいという気持ちで始めたこのブログですが、
その中でも特にブルゴーニュの幾つかの産地のワインには、それまで購入するのを躊躇していた
憧れのワイン(作り手)がありました。が、これを機会に思い切って手に入れる事に決めたのです。
まぁ、何か“背中を押してくれるようなきっかけ”を作りたかったのは事実ではありますが・・・

そして今回、モンラッシェやシャブリと並んで“憧れ”だった・・・ムルソーをGetしました!!


b0260378_12234812.jpg

“ムルソー”と言えば、記念すべき第1回目で紹介したコシュ・デュリやルロワ、コント・ラフォンなど、
ブルゴーニュを代表する錚々たる作り手が揃う白ワインの名産地として有名ですが、今年の春、
あるネゴシアンの年代物のプルミエ・クリュがまとまって入荷するとの情報をキャッチしました。
そして程無くして、ワイン専門のネットショップ各社にそのムルソーがUPされ始めました・・・
  


※ 以下の斜体部分は、某ネットショップからの引用になります。(一部変更あり)


コート・ドールの名門 “ルイ・ラトゥール”

ムルソーとピュリニー・モンラッシェの間の1級畑ブラニー

飲み頃熟成古酒 1996年!

大変歴史の古い由緒ある造り手「ルイ・ラトゥール」は、家族経営を守り続け、伝統を重んじたワイン造りにより、
世界的に著名なワイン・メーカーへと成長を遂げました。1731年にブルゴーニュの中心地コート・ド・ボーヌで
ブドウ畑を所有し、ブドウの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にはアロース・コルトン村へ
移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、
徐々に自社畑を広げていきました。

成功への大きな契機となったのは4代目当主による大胆な改革でした。19世紀後半、彼はヨーロッパの
ブドウ畑がフィロキセラで壊滅状態になった際、従来植えられていたピノ・ノワール種に替え、コルトンの丘に
それまで誰も想像さえしなかった、シャルドネ種の苗木を植樹し、後にブルゴーニュの2大白ワインの1つと
謳われた「コルトン・シャルルマーニュ」を誕生させました。こうした努力と成功を経て、「ルイ・ラトゥール」は
現在、コート・ドール最大のグラン・クリュ(特級畑)をはじめ、プリミエ・クリュ(グラン・クリュに次ぐ一級畑)、
村名畑など、全畑で約60haを所有するブルゴーニュ屈指の造り手にまで成長を遂げています。

現在は、7代目のルイ・ファブリス・ラトゥール氏が当主となり、ドメーヌのブドウ栽培とワイン造りの指揮を
ドニ・フェッツマン氏とジャン・ピエール・ジョバール氏が執っています。代々受け継がれてきた伝統を
頑なに守り続ける一方、常に革新的な技術の追求に挑み最新のワイン造りに取り組んでいます。

このブラニーの区画は、コート・ド・ボーヌ地区で最大の白ワイン産地、ムルソー村とピュリニー・モンラッシェ村
の間に位置しており(行政上はピュリニーに属す)、どちらの村よりかでアペラシオン名が区別されています。
コクのある芳醇な味わいで、ピュリニーやシャサーニュよりも若干早く熟成します。


熟成 : オーク樽熟成 12ヶ月



b0260378_12241564.jpg

キラキラと艶のある澄んだ黄金色・・・琥珀色かな・・・16年熟成の成せる“自然の業”です!!

グレープフルーツのフレッシュな柑橘系の薫りと花梨のまろやかで豊かな薫りが同時に広がってきます。
さらに仄かに感じる花の香り、ナッツのオイリーな香ばしさ、さ後から焼き立てバター&トーストの薫りまで、
様々なエキスがギュッと凝縮されたふくよかさ、熟成された味わいと余韻、それでいて柑橘系の爽やかさ・・・

16年熟成の・・・白ワイン界を代表するネゴシアンによる・・・ムルソーのプルミエ・クリュ・・・
うっとり至福のひと時を五感で堪能させていただきました・・・やっぱいムルソーって・・・凄いです!!!

次回は・・・“自然派ワイン”の登場です。
[PR]
by mr-lawrence | 2012-08-26 09:38 | ワイン(フランス) | Comments(0)


Everybody wants to know a way to earn ・・・ only one dollar


by mr-lawrence

プロフィールを見る
画像一覧