「日本の地ワイン」秋田県横手市大森地区収穫地ワイン [2009] メルシャン

このブログを立ち上げるにあたって、当初“月に1本くらい”のペースで紹介できればいいかなぁ・・・
なんて思っていましたが、早くも3本目のワイン紹介になります・・・すぐにペースは落ちそうですが・・・

(ワインに限った事ではありませんが)非常に奥の深い世界ではありますので、Lawrenceが紹介できるワインなんて
ほんの一握りに過ぎない事は最初から承知していました。ですので、いっその事思い切ってワインのジャンルを絞り、
さらに一生の思い出として、本当に気になったワインだけを厳選して紹介しようと始めたのがこのブログなのです。
肝心のジャンルですが、初回でも綴っていたようにフランスの各地域をメインにした白ワインにしようと思います。
それからシャンパーニュとヴァン・ムスーも是非とも紹介したいなぁ・・・もちろん他の国だって非常に魅力的・・・
イタリア、ドイツ、ニューワールド・・・数え出したらキリがありませんので、やっぱりフランスがメインかな・・・
  

でも、もう一つ・・・このブログを始めるにあたってどうしても紹介したい国があります・・・それは・・・


b0260378_2213867.jpg

イラストや写真の無いシンプルなラベルに書かれている文字にアルファベットは見当たりません。
意味はもちろん、発音すらままならないフランス語は一切無し・・・Lawrenceにも分かります。

そう、フランスと並んで紹介したかったのは・・・他でもない母国、日本の白ワインです!!!

記念すべき1本目の“日本の白ワイン”は・・・日本を代表する大手ワインメーカー、メルシャン勝沼ワイナリーが
数年前からリリースしている「日本の地ワイン」シリーズから秋田県横手市大森地区のワインを紹介します。

もっとも・・・単に前回のシャブリで予算を使い果たしてしまい、近所のスーパーのワゴンセールで
ラベルのリニューアルにあたりセールになっていたこのワインに目が留まったのですが・・・^^;
もちろん、以前からとっても気になっていました。だって・・・国産のリースリングですよ!!


b0260378_221577.jpg

“リースリング”と聞いて真っ先に連想するキーワードは・・・甘口・・・ドイツ・・・ハチミツ・・・石油臭・・・

これまであまり好んで飲まなかった品種ではありますが、今回、白ワインのブログを始めるのですから
(ラッキーだったとはいえ)是非とも早い段階でチャレンジしたかった品種でした・・・それにしても・・・

前回のシャブリよりさらに淡く澄んだイエローの液体は非常に艶やかな印象を感じさせます。
柑橘系かな、と一瞬感じた爽やかな薫りは時間の経過と共によりフルーティーさを増して、
グレープフルーツからマスカットの甘さに・・・仄かにパイナップルのような薫りも!!

“やや甘口”には違いありませんが、しなやかな酸味の中から口中に広がる優しい甘さは・・・
ベタッとしたハチミツの甘さではなく・・・そう、繊細で微かに広がる上品な甘みって言うのかな?

そう言えば、ラベルのリニューアルに伴ってセール品になっていた2009年のリースリング・・・
実は、こちらの“2009年”の方がコンクールで受賞していたりするんだよなぁ~なんて・・・
今度は是非とも・・・エゴン・ミュラーの“シャルツホーフベルガー”といきたいです!!


あっ、でも・・・エゴン・ミュラーはフランスor日本じゃなかったですね・・・(〃∇〃)ゞ
[PR]
by mr-lawrence | 2012-07-30 00:17 | ワイン(日本) | Comments(0)


Everybody wants to know a way to earn ・・・ only one dollar


by mr-lawrence

プロフィールを見る
画像一覧