kcucha rismo espresso coffee

みなさんこんにちは、Lawrenceです♪ (〃∇〃)ノ

今回は、なんとLawrenceには珍しい・・・ブロガーさんとの“プチ・オフ会”レポ!!
以前から「お会いしましょう!」とお伝えしていたのですが・・・ようやく実現しました♪ (≧∇≦)b

さて、Lawrenceを含めて4人のブロガーが集まった場所はと言いますと・・・


b0260378_10512637.jpg







『或る日曜午後の会』


僕が彼からそのメールを貰ったのは、年も明けてすっかり正月気分もどこかに消えてしまった1月中旬の頃だった。
それから“その日”がやって来るまでの十数日間、僕が住んでいる街をはじめ関東一円に数年ぶりの大雪が降り・・・
また、暦の上でも大寒と呼ばれる時期になり・・・朝晩はおろか昼間でさえ身を突き刺すような寒さが感じられ・・・

・・・要するに、あれは冬真っ只中の出来事だったのだ・・・そう、あの“密会”に僕が参加したのは・・・


b0260378_10524946.jpg


前夜遅くに舞った風花の名残りは、眩いばかりの陽射しと共に跡形も無く何処かへ去ってしまったようだ。
僕が住んでいる県南の街から車を走らせる事、およそ2時間・・・県庁でもあるこの街に着いた頃には、
冬の低い太陽が、まるでここ数日の厳しい寒さを詫びているかのように燦々と街中を照らしていた。

クリエイターが集う洒落た長屋のようなこの2階建ては、果たしてカフェやレコード屋、雑貨屋から成っていた。


b0260378_1053513.jpg


やぁ、小鳥さん・・・わざわざ出迎えてくれなくてもいいんだよ・・・今日は“密会”で訪れたのだから・・・

予定の時刻より幾分早めに到着した僕は、1階のレコード屋に立ち寄って時間を潰す事にした。
50年代からのジャズ、ロック、ポップス、それから・・・お世辞にも広いとは言えない店内には
よくこんなに入るもんだなと感心してしまうく程の多様なジャンルが、所狭しと並んでいた。

拘りは特に無いから何でも置くよとの店主の言葉にも納得ではあるが、ひと言付け加えるなら、
このご時世に、店にある音源の殆んどがアナログ盤ってのも十分な拘りだと思うけれど、ね・・・

そう言えば、彼の地へと旅立ってしまうあの店も・・・“古典”に頑なに拘っていたなぁ・・・


b0260378_11521751.jpg


kcucha rismo espresso coffee

  a happy new year 2013

そう・・・もう年も明けてしまった・・・残された時間もあと少し・・・そして“その先”に待っている・・・

階段を上った正面に掲げられた黒板の文字を眺めながら、これまでの事とこれからの事を
ぼんやりと思い浮かべていた。が、いつまでも突っ立っている訳にもいかなかったので、
まだ誰一人集まっていなかったものの、先に入ってみんなをのんびり待つことにした。


b0260378_105489.jpg


後からやって来る連れの事を告げると、ショーウインドー兼レジカウンターの右手に位置する、
フロアー全体が見渡せて、尚且つ他のテーブルからやや距離をおいた場所に案内してくれた。
テキパキとした店員の慣れた仕草に、まるで此方の意図が見透かされているように感じてしまう。


b0260378_1054245.jpg


初めて訪れるのに何処か懐かしささえ感じるこの空間に、短い間であったが僕は浸っていた。
市内でも屈指の人気店の、しかも休日の午後と言う事もあって、客は引っ切り無しにやって来た。
カップルだったり、友人同士のグループであったり、客層は様々だが・・・独り者は僕だけだった。

余計な装飾の無いシンプルな空間を占めているのは、不揃いのテーブルにバラバラの椅子やベンチ。
それでも統一感を感じさせるのは、この店が持っている類い稀なセンスの為せる業というものだろう。

※ 原則として席での飲食物のみ撮影OKとの事でしたので、店内の様子は着席したまま2枚だけ撮らせていただきました。


b0260378_12312829.jpg


カフェニコ

  出来立てが美味しいので、まずは一口どうぞ


カップに咲いた真っ白なチューリップの花弁・・・こんなにも美しいラテアートを見てしまっては・・・・
たとえ“出来立てが美味しい”のが分かりきった事とはいえ・・・すぐに崩してしまうのは酷だろう・・・

カップに口をつけた瞬間、オレンジの鼻孔を擽る爽やかな薫りと舌先に伝わるほろ苦さ、バニラの風味、
そして、ふんわり軽い口当たりのスチームドミルクに、エスプレッソの凝縮された苦みとロースト感に・・・
躊躇いがちに啜っていたラテアートの下に隠れていたたっぷりのミルクによってまろやかになった
ラテのミルキーで濃厚な甘さに、暫らくの間、思わずうっとりとした気分に誘われていたようだ・・・


b0260378_12173730.jpg


ガトーショコラ

優雅でリッチな気持ちにさせてくれる極上のラテに合わせて、クラシカルなチョコレートのケーキもオーダーしていた。
少し前に市内の渋滞が思っていたより激しくて集合がやや遅れるかも知れない旨のメールを受け取っていた事も手伝って、
宇都宮のカフェ文化を牽引してきたと言っても過言でないこの場所で、ゆったりとした気だるい日曜日の午後のひと時を
折角なので最高のカフェ&スィーツで満喫させてもらおうと思い、先にオーダーを済ませる事に決めたのだった・・・


b0260378_1217484.jpg


フォークを刺した瞬間の、ギュッと弾力のある重厚な質感は、食べる前からワクワする高揚感を与えてくれる。
サックリ焼かれた表面の香ばしさとチョコ本来の風味が混ざり合い、絶妙なほろ苦さとなって口中に広がっていく。

そして、中のショコラ本体部分ときたら・・・ひんやりした食感、しっとりした舌触り、ふわりとしたチョコの芳しさ、
しかも、滑らかに伝わったかと思うと口の中でホロホロと崩れてチョコの濃厚なほろ苦さと甘さ、薫り、それから・・・
いや、全てが一つの塊になってしっかりと・・・でも非常に優しくまろやかに広がって、いつの間にか消えてしまう・・・
こんなにも上品に、それでいながら素朴に、ストレートなチョコレートの美味しさが楽しめるスィーツがあるだろうか?

大胆にも、そんな感想さえ心に抱いてしまいそうなこのクラシカルなチョコのガトーに何時しか我を忘れてしまい・・・

階段のすぐ側の席に座っていたせいもあって、カツカツと2階へと上ってくる足音が近づく度にハッと我に返っては、
入り口でスタッフに告げる人数を耳を欹てチラリと横目で窺ってしまう自分がいたが、何組目かの“3人”で遂に・・・


b0260378_1218677.jpg


  この店の「チーズケーキ」、数年ぶりになるかしら・・・相変わらずの美味しさね・・・

まるで旧友との再会を愛おしむように、ゆっくりと味わいながらひと口ずつ頬張る貴女は・・・
この街を中心に県内(また近隣の県)のカフェはもちろん、コンビニのスィーツ紹介でも
多くのファンを持つ人気ブロガー女史・・・これまでブログ内での交流はあったものの、
まさかその本人が僕の斜め前に座っているとは・・・さらに、目の前に視線を送ると、


  ふふ・・・漸くお会いする事ができたわね・・・本当に長かったわ・・・

カフェ・・・ビストロ・・・リストランテ・・・この街の“業界”に、“業界人”以上に精通しているばかりか、
思わず息を呑む煌びやかな美しさのフォトグラフの数々で、毎回魅了されている女流ブロガー・・・
こちらこそ、本当に・・・いつもすれ違ってばかりだった貴女に会う事ができて感無量なのです・・・


  どうです、今日の僕の計画・・・このメンバーが一堂に会するなんて貴重でしょう?

あぁ、全くその通りなんだ・・・僕の右隣りに座った青年の、キラキラと輝く二つの眼には・・・
これから何かが始まる希望や情熱が迸ってくるようで・・・ワクワクした高揚感を感じてしまう。

そう、先日彼が送ってくれた一通のメールこそ、この日の“密会”の全ての始まりだったのだ。
出張販売のコーヒー屋を営む彼とは、これまで県内のいくつかのイベントで出会ってきた。
その彼が、こうして改まって(僕はともかく)二人の人気ブロガー女史を集めたのだから、
ただの“オフ会”には止まらないだろう・・・彼の口からどんな言葉が発せられるのか・・・


  実は・・・春に旅立ってしまう“あの場所”で、次に僕が店を出す事になったのです・・・

えっ、本当かい!!僕の中で憧れだった“あの場所”・・・まだ宇都宮に“カフェ”が数えるほどだった頃・・・
誰もが憧れ、夢を見て、うっとりしたひと時を送った“あの場所”・・・そして、その主人が去った後に・・・
入れ替わるように入った、パティシエの神様の血統を受け継ぐ“王様”が守っていた“あの場所”・・・

その“王様”までもが旅立つと聞いて、心配していたんだけれど・・・そうか、君が“あの場所”に・・・
もうとっくに飲み切って中は空の筈なのに、僕はカフェニコのカップをギュッと握りしめていた・・・

・・・彼が語る、その先の“あの場所”についての熱い思いに・・・ずっと耳を傾けながら・・・


b0260378_12255623.jpg


“密会”を終えて4人が再会を約束してカフェの階段を下りた頃には、僕が目の前に現れた3人に
ソファーから慌てて立ち上がって“自己紹介”をした瞬間からゆうに3時間が経とううとしていた。
長かった?・・・それとも一瞬?・・・どちらにしても不思議な時間の経過だった気がするんだ。

それは、これまでブログという“非現実の世界”と、現在目の当たりにしている“現実の世界”との・・・
二つの世界のどちらともつかない、何処か揺らめいた・・・でも、決して忘れ得ないインパクトの・・・

そんなとりとめの無い事を考えながら階段を下り、階下のファサードで皆に別れを告げた頃・・・


b0260378_10533931.jpg


・・・振り返るとすっかり日は傾き、夕焼けが二階の欄干を琥珀色に染め上げていた。

いつの間にやら日が延びたもんだと感心しながらもすぐ側の駐車場に乗り込んだ僕は、
エンジンのキーを回す瞬間、手を止めて物思いに耽っていた・・・残された時間は少ない・・・
うららかな春の訪れを前に、どうしても赴かなければ・・・全てが過ぎ去ってしまうその前に・・・


b0260378_11454183.jpg


kcucha rismo espresso coffee

住所 / 栃木県宇都宮市錦 2-7-2
musica rismo TEL 028-666-6744 open / 12:00-19:00
kcucha rismo TEL 028-666-6746 open / 12:00-21:00 (Lo20:30)・日曜日 12:00-20:00 (Lo19:30)
定休日 /木曜日(祝日は営業、月一回連休)
メール / @musicarismo.com
http://musicarismo.com/


ご一緒して下さった3人の皆さま・・・本当に貴重なひと時をありがとうございました!
機会がありましたら、是非“第2弾”を楽しみに待っておりますので、宜しくお願いします。 m(_ _)m
[PR]
by mr-lawrence | 2013-02-06 03:50 | レストラン&カフェ | Comments(4)
Commented by at 2013-02-09 15:59 x
きゃ~~~、素敵なお写真!
そして物語風の文章に、お邪魔しちゃいましてなんたる光栄(日本語が変になってるしw)
いつもニアミスなのでやっとこさ、お逢いできて嬉しいです♪
イメージ通りでスレンダーなミュージシャン風な若者w(*´艸`)
カフェ会(?)は、定期的にK氏の空いた時にやってます~。
また是非是非♪
ワインのお話しも聴きたいので、飲みもいいですね~(*´∀`)
基本的にマニアックなんで、今後ともどうぞよろしくです!!
Commented by 柚イチ at 2013-02-09 23:15 x
こんばんは~★
更新待っておりました(*^▽^*)
とっても素敵なお写真で見入ってしまいましたよ♪

まさかこのような形でお会いできるとは思っていなくてほんとにうれしかったです♪
楽しい時間をありがとうございました(*´ω`*)
Commented by mr-lawrence at 2013-02-11 09:26
>繭さん

いえいえ、Lawrenceこそ・・・
楽しんでいただけて大変光栄です♪ (〃∇〃)ゞ

本当にお逢いするまで時間がかかりましたねぇ~~!!
一度お逢いすると、それからは早いものだと思いますので、
また次回もマニアックなネタで盛り上がりましょう!! (≧∇≦)b
Commented by mr-lawrence at 2013-02-11 09:32
>柚イチさん

この前はとっても楽しい時間を過ごせてサイコ~でした!! (≧∇≦)ノ

本当に、繭さんと柚イチさんに実際にお会いする事ができて感無量・・・
・・・と言いますか、いつも“おひとり様”でもカフェ巡りでしたので、
皆さんで集まってお茶するのがこんなに楽しい事なんだって
再認識しました・・・また機会がありましたら集まりましょう! (`・ω・´)ゞ


Everybody wants to know a way to earn ・・・ only one dollar


by mr-lawrence

プロフィールを見る
画像一覧