「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ワイン(日本)( 3 )

KURISAWA BLANC [2011] NAKAZAWA VINEYARD

10月某日・・・それは、何の前触れも無くLawrenceの下にやって来たのでした。
寝耳に水・・・いえ、晴天の霹靂・・・兎に角、それを目の前に暫し呆然状態・・・

そして、驚きは(0.1秒で!?)歓喜へと変わるのでした・・・やったぁ~~~!!! ヾ(≧∇≦)ノ


b0260378_13255380.jpg


KURISAWA BLANC [2011] NAKAZAWA VINEYARD


「KURISAWA BLANC」とは、北海道岩見市栗沢町にあるNAKAZAWA VINEYARDで収穫されたぶどうで醸造した白ワインです。

NAKAZAWA VINEYARDは、2002年に中澤一行さん、由紀子さん夫妻によってスタートした小さな(総敷地面積4.6ha)ワイン用ぶどう畑です。
目標はズバリ「美味しいワイン」!!その為に、畑では除草剤と化学合成肥料を全く使用せずに機械と手で除草し、刈った草も畑に戻すとの事。
肥料も有機質のもの使用する拘りようで、一番のネックでもある農薬に関しても、2008年以降は化学合成肥料は使っていないとの事です。

中澤さんが手塩を掛けて育て、道央の大自然の恵みをたっぷり含んだぶどうは、収穫した後に遥々、栃木県足利市まで旅をします。
足利市にあるココ・ファーム&ワイナリーで醸造&瓶詰を行う為で、中澤さんご自身も仕込みに訪れるとの事です!! (≧∇≦)ノ


Lawrenceが“白ワイン”ブログ(の筈です・・・)を始めるずっと前から憧れていた、国産白ワインの一本が・・・
ひょんな事から手に入ってしまい(親がココ・ファーム&ワイナリーに行ったお土産に買ってきてくれました!)・・・
最初に細長い瓶を目にした衝撃の後に、嬉しさと興奮のあまりワインに興味の無い家族に延々と力説して・・・
唖然としながらLawrenceの“講釈”を聞かされた家族も、ポツリと「そんなに喜ぶなら良かった」って・・・^^;


b0260378_1326520.jpg


そんな“憧れだった白ワイン”を遂に抜栓、口にする瞬間がやって来ました!!!

グラスに注ぐと、まるで微発泡ワインのように微細な泡が立ち上り・・・そしてすぐに消えていきます。
栓は普通のコルク栓ですので噴き出すほどでは無いのでしょうが、酵母が発酵している証拠であり、
麗しく輝く淡い黄金色の液体の中でキラキラ輝いて、このワインの完成を祝福しているようです。

そして、透き通った液体から、まるでミストシャワーのように顔中に広がる爽やかで品のある薫り!!
瑞々しい青リンゴのような・・・熟す直前のパイナップルのような・・・仄かであり、ふくよかであり・・・
控え目ながら単調ではない心地良い複雑さこそ、このワインの真骨頂なのです。なぜなら・・・

ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、ケルナー、シルヴァーナー、そして、何とピノ・ノワール!!!
えっ、白ワインにピノ・ノワール!? そう言えばシャンパンにブレンドされますが、スティルには・・・!?

そんな事を考えながらもひと口・・・Lawrenceのヤワな先入観を吹き飛ばすくらい・・・美味し~~い!!

ピチピチの瑞々しさが口中に弾けて、爽やかに・・・滑らかに・・・すぅ~っと染み込んでいくみたい・・・
舌先を心地良く刺激する(本当に)微細な発泡から、しなやかな酸味と仄かな甘みが自然に広がって、
さらには林檎や柑橘を連想させるジューシーな風味へと変化します・・・しかも、後味がスッキリしている!

そっか、様々なぶどうの良さが一つに溶け合いながらもお互いが主張し過ぎずに調和していて・・・
そして何よりも非常に飲み易くって・・・スルスルと喉の奥へと伝わっていくのです・・・美味しい・・・


四恩酒造の「夏の陽」に続いての“憧れの国産白ワイン”制覇・・・次はいよいよ“アレ”の番かな!? (〃∇〃)ゞ


b0260378_13262790.jpg


ワインの他にも・・・ココ・ファームお土産の定番、「レーズンサンド」に・・・


b0260378_1326396.jpg


オリジナルの「ストロベリージャム」は、何と、“泡の最高峰”「ぐらんのぼ」入りなのです!! (≧∇≦)ノ


b0260378_13265929.jpg


最後に・・・ココ・ファーム&ワイナリー“白軍団”の揃い踏み!!

あとは・・・「山のシャルドネ」があれば完璧ですが・・・お値段が・・・(´・ω・`)ゞ


ナカザワ・ヴィンヤード
http://www.nvineyard.jp/

ココ・ファーム&ワイナリー
http://www.cocowine.com/
[PR]
by mr-lawrence | 2012-10-19 02:30 | ワイン(日本) | Comments(2)

クレマチス (橙) [2009] 四恩酒造

b0260378_12145125.jpg

「3年越しの“夏の陽”の思い出」

四恩酒造のワインには、3年(かしわじ酒店さんのレポで4年と書いてしまいましたが3年でした・・・)越しの思い出があります。
当時、“イロハ順”に草花を(そしてカフェも!)紹介しながら主人公が話の核心へと迫っていく物語ブログを綴っていました。
ちょうど季節は今頃・・・そう、夏真っ盛りの暑い日差しの中、どうしても物語で紹介したいワインを求めて出発しました。

訪れた先は、茨城県つくば市の古い住宅街の中に佇む、真っ白な“箱”・・・自然派ワインとフランスの伝統焼き菓子のお店です。
お店の名前からしてフランスのワインや食事、スイーツがメインである事は一目瞭然、もちろんワインのラインナップもそうでしたが、
Lawrenceが求めていたのは、国産の白ワイン・・・それも、“わざわざ”つくばまで来ないと手に入らないレアなワインなのです!!

何と、その小さなワイナリーのワインを、地元の栃木県で扱っている酒屋さんが一軒だけあると言うではありませんか!!
先日、かしわじ酒店さんを訪れたのは、Lawrenceの白ワインブログにとっては無くてはならないワンピースを手に入れる為・・・
そして、まるで3年ぶりに再会する友人のように、懐かしくて愛おしい・・・あの、“夏の陽の思い出”にまったりと浸りたいが為・・・

http://maryjoanna.exblog.jp/10847278/

↑↑↑ これが当時の物語ブログになります。もし宜しければ、是非ともご覧になってみて下さい。


で、今回Lawrenceがチョイスした二本のワイン・・・えっ、これは本当にワインなの!?
だって、透明のボトルのてっぺんには栓がされて、しかも、ほんのり淡いオレンジとピンク・・・

まるで、100%果汁の“グレープフルーツとピーチのジュース”を見ているみたい!!


b0260378_12154364.jpg

「クレマチス」のタイトルが示しているように、ラベルには油絵で大輪のクレマチスが描かれています。
そして、このワインには使用された葡萄の品種から(橙)と(ロゼ)の二種類が用意されているのですが、
今回チョイスした(橙)こそ・・・甲州を使って作られた紛れも無い四恩酒造の“白”ワインなのです!!

抜栓して撮影の後、ひと口だけ確認・・・そして、半日の間、“冷蔵庫で寝かせて”から改めて乾杯です。

ゆっくりとグラスに注ぐとシュワワァ~~っと小気味良い音と一緒に細かい泡が弾けていきます・・・
さらに、綺麗な淡いピンク色・・・隣りに置いた(ロゼ)が無ければ、恐らく“白”とは気付かないでしょう。
敢えて(橙)とネーミングしているのも頷けますが、グラスを弾ける飛沫をぼんやり眺めているだけで・・・
まるで時間が経つのも忘れてしまいそう・・・蒸し暑い夏の日の午後の気怠いひと時にピッタリです。

非常に豊かでフルーティーな薫りが飛沫と共に広がります。予め半日前に抜栓しておいたとはいえ、
冷蔵庫で冷やしておいた事を考えるとなおさらその薫りの豊かさに驚かされます・・・しかも、何て上品!
ただ甘ったるい薫りではなく、ワインの色合いからも連想できるグレープフルーツのような印象でしょうか?
飲んでみると発泡も手伝って、ややドライでキレのある酸味と後味の心地良い苦味、フルーティーな残り薫、
収穫した葡萄のエキスがそのまま発酵して、しかも今も熟成し続けているような、生き生きとした爽やかさ・・・
そう、新鮮で瑞々しい葡萄をピュアなままシュワッと口の中に入れたような爽やかな気分になれるのです!!

確か・・・3年前にも・・・あぁ、あの“夏の陽”の午後のひと時もそうだったっけ・・・夏の花を眺めながら・・・


今回は“白”ワインの紹介という事で、「クレマチス」の方を中心にレポしましたが、
隣りの優しいピンク色の(ロゼ)、「瑞雲」こそ・・・四恩酒造の中でもさらにレアな一本。
何と、巨峰を使ったドゥミ・セック(甘口)の発泡ワイン・・・僅か、300本のリリースとの事。
いつの日かまた飲んでみたいですが・・・かなりの難関なのでしょうね、きっと・・・(〃∇〃)ゞ


b0260378_21205514.jpg

四恩酒造
http://www.4-wine.net/

次回はブルゴーニュに戻って・・・“ムルソー”を紹介します!!
[PR]
by mr-lawrence | 2012-08-16 15:32 | ワイン(日本) | Comments(2)

「日本の地ワイン」秋田県横手市大森地区収穫地ワイン [2009] メルシャン

このブログを立ち上げるにあたって、当初“月に1本くらい”のペースで紹介できればいいかなぁ・・・
なんて思っていましたが、早くも3本目のワイン紹介になります・・・すぐにペースは落ちそうですが・・・

(ワインに限った事ではありませんが)非常に奥の深い世界ではありますので、Lawrenceが紹介できるワインなんて
ほんの一握りに過ぎない事は最初から承知していました。ですので、いっその事思い切ってワインのジャンルを絞り、
さらに一生の思い出として、本当に気になったワインだけを厳選して紹介しようと始めたのがこのブログなのです。
肝心のジャンルですが、初回でも綴っていたようにフランスの各地域をメインにした白ワインにしようと思います。
それからシャンパーニュとヴァン・ムスーも是非とも紹介したいなぁ・・・もちろん他の国だって非常に魅力的・・・
イタリア、ドイツ、ニューワールド・・・数え出したらキリがありませんので、やっぱりフランスがメインかな・・・
  

でも、もう一つ・・・このブログを始めるにあたってどうしても紹介したい国があります・・・それは・・・


b0260378_2213867.jpg

イラストや写真の無いシンプルなラベルに書かれている文字にアルファベットは見当たりません。
意味はもちろん、発音すらままならないフランス語は一切無し・・・Lawrenceにも分かります。

そう、フランスと並んで紹介したかったのは・・・他でもない母国、日本の白ワインです!!!

記念すべき1本目の“日本の白ワイン”は・・・日本を代表する大手ワインメーカー、メルシャン勝沼ワイナリーが
数年前からリリースしている「日本の地ワイン」シリーズから秋田県横手市大森地区のワインを紹介します。

もっとも・・・単に前回のシャブリで予算を使い果たしてしまい、近所のスーパーのワゴンセールで
ラベルのリニューアルにあたりセールになっていたこのワインに目が留まったのですが・・・^^;
もちろん、以前からとっても気になっていました。だって・・・国産のリースリングですよ!!


b0260378_221577.jpg

“リースリング”と聞いて真っ先に連想するキーワードは・・・甘口・・・ドイツ・・・ハチミツ・・・石油臭・・・

これまであまり好んで飲まなかった品種ではありますが、今回、白ワインのブログを始めるのですから
(ラッキーだったとはいえ)是非とも早い段階でチャレンジしたかった品種でした・・・それにしても・・・

前回のシャブリよりさらに淡く澄んだイエローの液体は非常に艶やかな印象を感じさせます。
柑橘系かな、と一瞬感じた爽やかな薫りは時間の経過と共によりフルーティーさを増して、
グレープフルーツからマスカットの甘さに・・・仄かにパイナップルのような薫りも!!

“やや甘口”には違いありませんが、しなやかな酸味の中から口中に広がる優しい甘さは・・・
ベタッとしたハチミツの甘さではなく・・・そう、繊細で微かに広がる上品な甘みって言うのかな?

そう言えば、ラベルのリニューアルに伴ってセール品になっていた2009年のリースリング・・・
実は、こちらの“2009年”の方がコンクールで受賞していたりするんだよなぁ~なんて・・・
今度は是非とも・・・エゴン・ミュラーの“シャルツホーフベルガー”といきたいです!!


あっ、でも・・・エゴン・ミュラーはフランスor日本じゃなかったですね・・・(〃∇〃)ゞ
[PR]
by mr-lawrence | 2012-07-30 00:17 | ワイン(日本) | Comments(0)


Everybody wants to know a way to earn ・・・ only one dollar


by mr-lawrence

プロフィールを見る
画像一覧